核兵器廃絶の願い込め…「平和の礎」完成

7月29日23時35分配信 産経新聞

 核兵器廃絶への願いを込めた「平和の礎」が、広島市安芸区の広島原爆養護ホーム「矢野おりづる園」裏の駐車場に完成した。入園者らの名前やメッセージを刻んだタイル状の陶板201枚が張り付けられており、入園者らは自分の名がある陶板を感慨深そうに見つめている。

 同園を運営する社会福祉法人「広島常光福祉会」が、入園者らの平和への願いを後世に残そうと、5月初旬に、陶芸研究家の池田美勝さん(75)に製作を依頼。池田さんが、折り鶴の絵を板状の土に彫り、入園者や同園の関係者ら1人1人の平和へのメッセージや名前を沿え、タイル状の陶板に焼き上げて完成させた。

 礎は、陶板を縦に3枚、横に67枚を並べており全長約7メートル。今後、徐々にタイルの枚数を増やしていき、将来的には千羽鶴にならって、千枚を目指す。

 27日に行われた式典では、同法人理事長の柿木田勇さん(64)らが除幕。掛けられた白い布がめくられ、深い青色の「礎」が姿を現すと、参加者らから拍手がわき起こっていた。

 柿木田理事長は「陶板の千羽鶴はずっと残っていく。平和への願いを永久に残していきたい」と話していた。

1件のコメント

  1. ピンバック: ドン・キホーテの館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA