旧大津公会堂:伊料理店など、テナント4店に /滋賀

中心街のにぎわい拠点として4月下旬にリニューアルする旧大津公会堂(大津市浜大津1)について、大津市はこのほど、テナントとして本格イタリア料理店など4店の開店が決まったと発表した。価格帯は昼食で平均1500円前後から、夕食は平均4000円からと周辺よりやや高めだが、建物の知名度もあり観光拠点の一つになりそうだ。

 1954年完成の同建物はタイル張りの装飾的な外観から市民の人気も高く、近く景観重要建造物に登録される見込み。昨夏から市が改装していた。

 4店は、ワインと地中海料理の店「CANTINETTA GMT」▽創作料理店「大津グリル」▽市内外の異業種間の協力による近江牛専門店「モダン・ミール」▽イタリア料理店「Ristorante LAGO」。それぞれ30~45席ほど設け、最も遅い店は午前0時ごろまで営業するという。同市都市再生課は「観光客を湖岸から中心街に引き込むことができれば。周辺はオフィスも多く平日の需要も高いはず」と話している。【稲生陽】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA