上海万博の韓国館はハングルでいっぱい

「ハングル」が中国上海万博韓国館の主人公を担う。

チョ・ファンイクKOTRA社長は21日、ソウル廉谷洞本社で記者懇談会を開き「李御寧中央日報顧問の助言により、ハングルをモチーフとした韓国館を作った」とし「幾何学的な特性が立体的に表現された多くのハングル字母を建物の外壁に、在米設置芸術家カン・イクチュンさんが直接書いた字を内壁に配置した」と説明した。チョ社長は「字母が結合し、多様な模様と音を作り上げるハングルが疎通と融合を強調する今回のエキスポでいちばん韓国的なものと通じる」と付け加えた。KOTRAは来月1日に開幕する上海万博で韓国館を運営する。

韓国館外壁には発光ダイオード(LED)4万2000個が設置され、夜になればハングル字母がより際立つ。内壁デザインはカン・イクチュンさんが担当した。カンさんは字一つひとつを直接手で書いて色を塗った3万8000個のタイルを内壁に付けた。

韓国館は上海万博団地のA区域に位置する。192参加国のうち主催国である中国を除き最大の7684平方メートル規模だ。1階は門戸が別にない柱の形式で作った。観覧客が誰でも四方から歩いて来て入れる空間だ。ここにはソウルを300分の1に縮小した象徴物が設置されている。北漢山、南山、漢江が調和している。1階では万博が開かれる184日(5月1日~10月31日)間の韓国の伝統公演とビーボーイ公演などが毎日行われる。

2階は7展示区域に分けて運営する。それぞれ韓国の文化、自然、人間、技術、調和、麗水万博、韓中友好を示す。先端グラフィック技法である拡張現実(AR)技術を活用し、ソウル清渓川の復旧以前と以後の姿を3D(立体)映像で再現する。中国で韓流熱風を主導するダンスグループ東方神起のユンホが出演した映像物も流す。

クァク・ドンウンKOTRA海外マーケティング本部長は「韓国館の運営を通じて国家ブランドを高め、中国で韓流をもっと強化する契機にする予定」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA